3D超音波では内膜ポリープの形もわかります。子宮内膜が増殖して盛り上がった状態となった良性の腫瘤です。大きさはさまざまで。良性の腫瘤で、不正出血、月経過多、月経困難などの症状があり、受精卵の着床の邪魔になって不妊の原因となります。診断は月経終了直後に子宮内に注水して行う超音波でおこなっています。3Dt超音波では形も診断できます。原因不明の不正出血が続く方は、月経終了直後に受診すると良いと思います。