暑いですね、和痛分娩開始

また、暑い日がやってきましたね。EVEも先週から今週はお産がコンスタントにあり、活気がありました。木曜日にはEVEっこクラブの2回目があり、エムジー・コーポレーションさんの写真撮影に御協力頂きました。ありがとうございます。

私は悪戦苦闘しましたが、ブログをFacebookのページと個人のタイムラインに同時に自動投稿できないことには変化なく、Facebook公式プラグインとの格闘は諦めました。興味のある方はFacebookページもご覧ください。ブログ以外の簡単な記事もございます。

そして、昨日院内に和痛分娩開始のお知らせを掲示しました。

ポスター こんな感じのお知らせです。短時間での作製の割には気に入ってます。そして、ホームページにも和痛分娩のページ作製、同時にスマートフォンサイトも細かい訂正。スマートフォンサイト廃止しても良いのですが、すぐに調べるのと、スマートフォンで検索するとどうしても専用サイトに誘導されるため、少しずつ変更予定です。小回り良く直していくのが手作りの良さと、楽しみです。

和痛分娩は私は大学と他の所で経験ありますが、硬膜外チューブを麻酔科医に挿入して頂いてからの管理と言う、殿様的な管理でしたので当院では行えなかったのです。塩津先生は前職で非常に多くの症例を自分で行っていたので、塩津先生中心で行っていただくことにしました。実際には母体管理が必要でスタッフの充実も必要でしたので、塩津先生着任され2年経過し、スタッフも充実してきた今、開始できることになりました。

和痛分娩については、いろいろな考えがありますが、日本の初産年齢が31歳を越えた今、疲労を防ぐことができるというのは重要な因子かと思います。実際に経験された方をみて、当院のスタッフにもその点は理解されたかなと思っています。デメリットもありますが、一つの選択肢としてあっても良いかなと思っています。

新しいEVEのブログ

ブログはホームページに統一されましたので、こちらよりどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です