釣り初め

年末から5泊連続当直で赤ちゃんが産まれると言うスタートでしたが、それ以降は静かなEVEです。私は先週の金曜日の当直はお産がなく、土曜日の午後から釣り初めに出発。場所は苫小牧西港の年末と同じ埠頭です。前回は実績のある緑色の水中ライトを使って、まあまあの釣果でしたので、今回は夜になって青いライトで比較してみることにしました。夕方到着、20㎝位の大きなチカがそこそこ釣れてきます。暗くなり青い水中ライト投入。20160112a魚が寄ってくる気配がありません。2時間ほどやってみましたが、同じなので緑にチェンジチカがポツポツ釣れてきますが、年末釣れたキュウリウオは釣れません。10人以上いる釣り人の中で釣れているのは数人だけのようです。原因はなんでしょう。前回との違いは餌です、前回は生イソメ、今回は2年前の塩イソメ、やはりと言う感じです。大きいチカが50匹以上となり、ニシンが数匹混じると言う釣果で、アタリもなくなり皆さんお帰りのようです。アタリが少ないので周囲の方と情報交換、苫小牧東港のフェンス前では小さなマイワシが入れ食いとか、これから場所を変えて朝には東港へという方がいらっしゃるようなので、私も東港によることにしました。20160112b20160112c発電所の裏に行きますとフェンス前には人がいますが竿が動いていません。フェンスが切れた場所では数人釣っている方が、寄っていくと釣れております。後ろでは火力発電所が煌々と輝き働いております。結局自分も竿を出してみました。ライトをつけると無数に寄ってきて、17-18㎝のマイワシが入れ食いに近い状態です。大きなものも混じるということで、針を大きくしてみましたが、それでも25㎝位のが2匹のみでした。他に小あじ、小さば、ニシンも混じりましたが、結局100匹超えたところで竿を納めました。ちょうど入れ食いになったところですが、大きいのが釣れないので中止。帰宅してからマイワシを処理したら、朝、少し寝てチカを処理、そして、料理しました。

20160112d久しぶりのオイルサーディン、これはやはり美味しい。20160112eニシンの酢漬けにオリーブを載せて、これも美味しい。それから、梅煮も作りましたが、これもいけます。

マイワシは小さいので、たたきやお刺身には向いてませんが、料理の種類によっては美味しいです。日中は混み込みのようですので、夜中に出かけてみませんか。投光器がなくても、普通のライトでもいけますよ、きっと。どちらも子供たちが嬉しそうに釣っていました。

新しいEVEのブログ

ブログはホームページに統一されましたので、こちらよりどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です