釣り納め

12月16日に釣り納めに行ってきました。今回は厳寒となり家内は付き合ってくれないので、外来終了後真っすぐ一人で苫小牧西港に、行ってきました。到着時はすっかり暗くなっておりました。この時期は大チカとキュウリウオの季節で、ここ数年釣り方研究中で、どちらも大好きなつりです。
勇払埠頭1号で開始、ライトをつけてサビキ釣り、コマイ狙いで柔らかい投げ竿もだしました。欲張ると余り良くないのですが、釣り納めなんで自分を許してしまいました。しばらくは小さいちかと小ニシン、すけそタラの子がポツリポツリと釣れてきます。投げは先月と同じ感じで20㎝のコマイが釣れてきました。22時位から中ニシンと20㎝の大チカが釣れだしましたが、期待していたキュウリは釣れず。お隣の方がコマセかごをつけてコマイをたらし釣りで釣っていたので、これを真似して、時合もあったのか23時過ぎからは入れ食いに近い状態でしたが、仕掛けのトラブルなどで少し時間ロスしてしまいました。結局、35㎝のコマイは1匹、20㎝は投げと合わせ17匹、20㎝以上の大チカは10匹小チカは少し、ニシンは25㎝3匹小ニシンは20匹位、キュウリウオは30㎝位3匹。

 

 

 

予想外の大物は油子が40㎝、39㎝、32㎝、投げで釣れでも引きを楽しめるサイズでしたが、磯竿2号で竿が今までにないくらい曲がって、少しずつ海面に上げてきました。久しぶりにスリリング、そのままはあげれずに水面でよわらせて道糸を手で引いてあげることになりました。そんなスリリングな釣りが数回あったので、大変満足。大きなものは総てコマセかご付きキュウリウオ用に用意していた10号サビキにイソメをつけたものに来ました。10号だから道糸が太かったのと、磯竿のリールのラインは1年に1回巻き直しているので劣化してなかったのが釣りあげられた要因ですね。10号サビキは余り活躍の場がなかったのに、ここで大活躍しました。
2時で終了としましたが、そのころには水中ライトに10㎝位の魚が無数に集まってきて、釣ってみたらチカでした。針を小さくすれば無数に釣れそうでしたが、もう十分なので針は小さくしないまま終了。時合がやはり重要ですね。それから、コマイは投げ釣りと思い込んでしたが、ライトをつけてのたらし釣り、地元の方なんでしょうが、参考にさせていただき、釣果につながりました。大チカは子供の頃につっていたサシを餌に使う方法でした。去年のこの時期は大チカとキュウリの数釣りができたのですが、今年はコマイのあたり年のようです。
一番大きなキュウリは刺身に、大き目のニシンは一夜干し、小さなニシンはオイル煮、アブラコは1匹を煮物と唐揚げ、後の2匹は冷凍に、大きなコマイはタチ入りでしたので、唐揚げと潮汁、小さなコマイは一夜干し。写真はコマイとアブラコとチカとスケソウダラの子の唐揚げの盛り合わせ、アブラコの煮物は肝と胃も一緒。大変美味しかったですよ。来年も釣りに行けると良いものです。

新しいEVEのブログ

ブログはホームページに統一されましたので、こちらよりどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です