地震による診療状況について

9月7日現在、いまだ停電状態が続いております。出産までの胎児管理、分娩台および新生児のインファントーマー、臍帯血のPH測定等は非常電源で普段と同様に行えております。ただ、非常電源の容量の問題で院内は暗い状況となっております。外来は6日休診とさせて頂き、7日は産科および妊娠初期で御来院された方のみの診療を行いました。超音波や4Dは無事に行えております。明日は制限つきとなるかもしれませんが、午前婦人科および午後産科を予定しております。非常電源に燃料を足しながらの運用ですので、確定ではございませんので、ご了承ください。状況は随時、Facebookや可能ならTwitterで提供していく予定です。