当院における新型コロナウイルスの院内感染防止対策について

札幌市はやっと新規感染者の人数が落ち着いて来ておりますが、前回もそんな状況のことがありました。無症状の間も感染の原因となること、無症状の方もある程度いることなどが解り次のような院内感染防止対策をとることとしており、患者さんへのご協力をいただいております。院内感染は院内で患者さんへの感染を起こさないことが最も重要で、そのために院内感染予防を行っております。ご理解の程よろしくお願いいたします。

院内での患者様から患者様への感染に対する予防

1.外来受診の制限、面会の制限をおこなっております。詳細はこちらを外来受診制限面会制限
2.外来受診者と面会者の体温を測定しております。
3.玄関に例年通り手指消毒薬を置いております。
4.診察台と診察室の内側ドアノブは患者さん毎にアルコール消毒しております。
5.掃除の際には消毒薬およびアルコールで消毒しております。
6.待合の椅子を一つ空けて座っていただいております。
7.受付、診察室は頻回に換気をおこなっております。
8.外来でご利用頂いたスリッパは、使用後アルコール消毒しております。

職員を介しての感染に対する予防

1.受付事務は防塵服・防護服を着て、マスクおよびフェイスシールドを付けて、事務カウンターにはビニールシートを付けて対応させていただきます。
2.診察室にもビニールシートのシールドを作成、スタッフはガウンを着、マスクおよびフェイスシールドを装着いたします。
3.患者さん毎のアルコール手指消毒を行います。
4.職員は出勤前に体温測定をして発熱がないことを確認しております。

妊婦さんにお渡ししているリフレットです。