基礎体温を測定してみましょう

 朝目が覚めたときに起き上がらず、寝たままの状態で舌の下に婦人体温計を入れてはかった温度を、基礎体温といいます。基礎体温を測っていると、排卵の有無や排卵日、生理予定日、妊娠など、女性の体調管理に役立ちます。婦人体温計は普通の体温計と違い36.56度と言うように小数点以下2桁まで測定できます。基礎体温を毎朝はかってグラフにしたのが基礎体温表で、通常はグラフが低温期と高温期をくり返します。これは女性は月経がはじまると体温が低くなり、排卵直後から次の月経までは体温が高くなるためです。だから、このパターン認識となります。
 月経不順やお子様が欲しい方には、基礎体温を測定して、基礎体温表を作製して婦人科を受診することをお薦めします。
基礎体温表は紙のグラフにして頂くのが一般的ですが、最近はスマホのアプリもいろいろ出ております。ただ、スマホの画面は小さいので見えにくいので、

当院ではルナルナメディコというシステムを採用しています。スマホアプリの「ルナルナ基礎体温ノート」に入力あるいは連携でデーター移行して頂き、御来院後にスマホアプリに表示される番号を教えて頂ければ、当院のパソコンで表示可能です。

詳しくはルナルナメディコのホームページを御覧下さい。 こちらからどうぞ
 基礎体温計を購入する場合は当院または薬局で購入できます。

EVEウィミンズクリニックで販売の TDK製の婦人用電子体温計(HT-201) は、測定後そのままスマホアプリのルナルナ体温ノートに連携できますので、便利です。(Amazonでも販売中)
 基礎体温は女性ホルモンの分泌と排卵の有無を知る以外にも、月経の時期を予測し、旅行や遊びを計画する手助けになりますし、月経前症候群のような症状がどの時期に出やすいのかを把握することで生活の計画等も可能となります。毎日測れないからと言う方も少なくありませんが、ホルモン状況を知るには測定できない日があっても有用なので、測定してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください