子宮がん検診の結果について

子宮頚部細胞診正常

子宮がん検診を受けて、送られてきた結果に正常と書いていれば良いのですが、正常でないと心配なのは当然ですね。
昔と違って、がん検診をする施設と言うか健康診断をする施設が増えたので、結果通知にもいろいろなパターンが増えてます。昔からがん検診の結果の解釈のプリントがついての通知がくるところもあるし、「専門医を受診して下さい」とだけかいてある場合などもあります。心配し過ぎないように結果について説明してあります。
子宮頸がんには、扁平上皮癌と腺癌がありますが、90%以上は扁平上皮癌です。扁平上皮癌は正常から上皮内腫瘍1(軽度異形成)、上皮内腫瘍2(中等度異形成)、上皮内腫瘍3(高度異形成・上皮内癌)と段階を経て浸潤癌になります。とは言っても、全て進んでいく訳ではなく、上皮内腫瘍1は70%位の人が、上皮内腫瘍2は50%位の人が自然に治癒していくのです。細胞診の結果から、それぞれの病変が推定されます。
子宮頸がんは段階的に進行
子宮がん検診に使われる子宮頸部細胞診の結果は次のようになってます。

記号 推定病変 方針
NILM
陰性
正常
LSIL
軽度扁平上皮内病変
上皮内腫瘍1
コルポスコピー、組織検査を要します
HSIL
高度扁平上皮内病変
上皮内腫瘍2か3
コルポスコピー、組織検査を要します
SCC
扁平上皮癌
扁平上皮癌(浸潤癌)
コルポスコピー、組織検査を要します
ASC-US
意義不明な異型扁平上皮細胞
HPVDNA検査を要します
ASC-H
高度扁平上皮内病変を否定できない病変
コルポスコピー、組織検査を要します

関連記事

1.  異型上皮の治療              こちらから
2.  子宮頚癌 ーその1 「初めに」 ー    こちらから
3.  子宮頚癌 -その2 HPVワクチン1ー   こちらから
4.  子宮頸部の上皮内癌は癌ではありません   こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください