コロナ対策における妊婦健診時・分娩時の対応の変更およびまとめについて

札幌市だけでなく、北海道全体のコロナ感染が拡大し、札幌市内の医療施設はかなり大変な状況となり、産科もその例外ではありません。当院も変更がございます。夫立ち合い条件がかなり変わりますことを了承いたします。

  • 妊婦健診時に毎日の体温を測定して書いて頂いた体温表をチェックさせていただきます。(簡単な体温表をお配りします。母子手帳につけてお持ちください。)発熱がある場合は札幌市発熱外来にご相談いただきます。当然妊婦健診時には今まで通りに体温測定を行います。
  • 入院中の面会はお断りしております。退院の際もどうようですので、ご家族は院内にお入りにならないようにお願いいたします。必要であればお荷物を玄関で運ぶのはお手伝いさせていただきます。
  • お子様のお誕生は御夫婦で喜んで頂きたいという考えをもとに、夫立ち合い分娩は続けたいので、感染確率を下げるために条件を厳しくさせていただきました。ただ、今後の感染状況では急な中止もあり得ますことを御承知おきください。(以下の内容は重複しているのは承知しております。)
    • 夫立ち合いは、道内であっても里帰りの場合はお断りいたします。札幌市内の方も同様です。
    • 夫立ち合いは妊婦健診時の同居している戸籍上の御主人のみとします。
    • 夫立ち合い時は、御主人に37.5度以上の発熱がないこと、咳や味覚障害等がないことを確認させていただきます。
    • 陣痛室内では白衣を着ていいただきます。室外に出るときは脱いでいただきます。マスクは不織布マスクをしていただきます。
    • 立ち合われる御主人には、36週以降は会食をさけるなど注意してください
    • 帝王切開の御主人の面会については手術開始時間の30分前に来ていただき、談話室で控えて頂き、奥様との面談は30分位でお願いいたします。
  • お祝いディナーはお一人でお部屋でお願いいたします。